海谷山塊(新潟) 高松山(1725m)、昼闇山(1840.9) 2017年4月15日  カウント:画像読み出し不能

所要時間 5:03 林道入口(駐車場所)−−5:51 林道分岐−−7:06 840m鞍部−−(この間10分程度デジカメ探索)−−7:35一ノ倉川−−9:06 標高1340m(休憩) 9:24−−10:22 稜線−−10:26 高松山−−10:41 雨具装着 10:50−−11:02 1787m峰−−11:33 昼闇山(休憩) 11:47−−11:52 稜線を離れ北斜面を下る−−12:39 昼闇谷を離れる−−13:44 林道入口(駐車場所)

場所新潟県糸魚川市
年月日2017年4月15日 日帰り
天候晴後時々雨、一時暴風
山行種類残雪期の山
交通手段マイカー
駐車場焼山温泉近くの林道入口に駐車
登山道の有無無し
籔の有無積雪のため無し。地域、標高からして無雪期は猛烈な藪が予想される
危険個所の有無高松山、昼闇山とも稜線北側直下は傾斜がきつく滑落注意。また雪崩注意(特に一ノ倉川)
山頂の展望両山とも大展望
GPSトラックログ
(GPX形式)
ここをクリックしてダウンロード
コメント寒気流入で悪天が予想されたが焼山温泉〜一ノ倉川〜高松山〜昼闇山〜昼倉谷〜焼山温泉と周回。新田山南西鞍部から一ノ倉川に下る斜面で小規模雪崩に遭遇し走って逃げた(汗)。この時デジカメを落としたが無事発見。一ノ倉川も川幅が狭まってからはしばし雪崩危険地帯で、そこを抜けると歩きやすい谷に変わる。下りで使った昼闇谷は安全だった。稜線に出てからは強風に悩まされ、1787m峰付近では耐風姿勢が必要なほどでピッケルがあってよかった。高松山付近では氷の粒が混じった横殴りの雨になり、雪庇のクラックに入って雨具装着したが、その後は雨は弱まった。昼闇山山頂で3人のスキーヤーに出会い、下りは彼らのトレースに従った




焼山温泉の林道入口 林道は最初から雪に覆われる
雪の林道を進む たぶん昨日のアイゼントレース
奥に見えるのが目的地。まだ快晴 雪上車のトレースが現れ圧雪で歩きやすい
阿彌陀山はもう雪が落ちている 鉢山。昼闇山につながる尾根の山頂直下はヤバそう
林道分岐を見としてしまった 林道ショートカットのスキー跡
山鳥 狐が盛んに鳴いていた
林道はショートカットした個所が多かった 新田山の尾根に乗る
高松山北尾根 焼山
稜線を越えて一ノ倉川に下る林道はこの状況 途中で雪崩に遭遇。こんなのが上から落ちてきて走って逃げた
一ノ倉川に下る 川幅が狭まるとデブリ地獄。スキー跡は右岸を巻いている
デブリは主に左岸から落ちている 直径3mくらいのでかい雪の塊。まだ新しい
標高1030m付近より上部はデブリがほとんど無くなる 標高1230m付近。傾斜が緩み谷が分岐。左へ
標高1330m付近の分岐で休憩。ここも左へ 標高1370m付近。ここも左へ
標高1550m付近。谷地形が終了し稜線目指して登る 稜線直下は急斜面
雪の割れ目から地面が出ている 高松山西側で稜線に乗る
これが高松山山頂 高松山山頂。背景は焼山
高松山から見た360度パノラマ展望(クリックで拡大)
昼闇山へ向かう尾根。天候が悪化
クラックに逃げて雨具装着 1787m峰東側の1770m肩。焼山に尾根がつながる
1787m峰から見た昼闇山。暴風で時々耐風姿勢を取る 昼闇山東側の1820m峰。後ろから風に押されて楽ちん
昼闇山東直下は軽い雪庇を登る 昼闇山山頂には3人のスキーヤーが休憩中
昼闇山から見た360度パノラマ展望(クリックで拡大)
昼闇山から見た焼山 昼闇山から見た高松山
下山開始。スキーヤーのトレースを追う 昼闇谷上部を見下ろす
藪が出た小岩峰から稜線を離れて昼闇谷に下った 雪庇から急斜面へ。ここはつぼ足で
下ってきた斜面。かなりの斜度 傾斜が緩んでからスノーシューへスイッチ
昼闇谷は穏やかな様相 谷のど真ん中を下っていく
スキー跡に従って標高870mで谷から右岸台地へ上る 昼闇谷右岸台地
傾斜が緩む標高800m以下は杉植林帯 標高670m付近。林道か?
標高560mにかかる橋 雪が溶けた地面にはフキノトウ
下界から見た昼闇山 焼山温泉の裏は元スキー場
たぶん林道の轍の主はこの2台 林道終点到着




 

都道府県別2000m未満山行記録リスト

 

日付順2000m未満山行記録リスト

 

ホームページトップ